EMT ネオスタイル バーティカルプロ 62TT TYPE-S 高次元のロッドでございました。

スポンサーリンク
ネオスタイル 62TT バチプロ ロッド
スポンサーリンク

みなさん、早速ですが、 62TT ってご存知ですか?

アウディ?

TTクーペ!

違います。

管釣り界で 62TT といえば、縦釣りロッド ネオスタイル  Vertical PRO のことですよね

スポンサーリンク

Vertical PRO

Vertical PRO といえば、言わずと知れた ネオスタイルバチプロ 。縦釣り界のパイオニアであり、今では多くのバリエーションモデルが存在します。短いものから長いもの、硬いものから柔らかいものまで様々です。


ちょっと前には、巻きにも使えるとの触れ込みで、巻きバチ なるものも発売され、巻きの世界にも進出しています。

そんな数あるバチプロの中から、今回は 62TT TYPE-S をご紹介です。


62TT TYPE-S ? ? ? ?

バチプロに限らず、釣り業界は 暗号 が多いですよね。解読も一苦労。。


今回ご紹介のバチプロも暗号名がややこしいこと。




解読していきましょう。




Vertical = 垂直

PRO = 商売人・専門家

62 = 6フィート2インチ = 187.96cm

TT = チューブラーティップ = 空洞の穂先

TYPE-S = 細めのグリップ(握り)


直訳してみましょう!


「細い握りと空洞の穂先を持つ、187.96 cmの垂直専門家」







下ネタ ロッククライマー になってしまいましたね・・・

しかもなかなかの高身長、外国の方かな。。





これ以上はやめましょう。話を戻します。


スペック

EMT ネオスタイル Vertical PRO 62TT TYPE-S

全長:187.7cm

自重:38g

仕舞寸法:97.1cm

継数:2pcs

先径 / 元径:1.0mm / 20.2mm

ルアー:0.1g~4g

ライン:1~6lb

素材:カーボン81.8% グラス繊維他 18.9%

価格 ¥49,800- (税抜き)※2020年5月 現在

Made in は

日本 です!!  

出ましたよみなさん! 日本製 。


日本の工業技術は世界一と言われるほど精度が高く、その技術力は海外からも注目されています。




ただ残念ながら、わたしくらいの釣り感度だと、正直違いがわからないのですが、皆さんがそう言っているのだから、


日本製は素晴らしいに違い無い!! 
ViVa 日本製です。


そんなわけで、超高感度の日本製バチプロ 62TT。
第一印象はなかなか見てくれのいいロッドです。


バット(グリップ上)からベリー(ロッドの中間)にかけてのグラデーション、カーボンの質感もきれいに表現されています。ビューティフォー です。。※ 今回あの方は登場しません

ネオスタイルバチプロ62TT
綺麗なグラデーション

ガイドのスレッドも、ブラックにゴールドの差し色で、渋くも攻撃的なカラーリングに仕上がっています。

ネオスタイルバチプロ62TT
スレッドカラーもGOOD




重量

実測も 38g と非常に軽量、持つと笑っちゃうくらい軽いです・・・


リールは、ダイワ バリスティック FW2500 を組み合わせて 203g 




iPhone 8 Plus と 1g 差、凄い時代ですね。


グリップ

TYPE-S 仕様なので、グリップは細め。


元径 20.2mm で程よく握りやすく仕上がっています。個人的にはGOOD!

バチプログリップ径
細く握りやすい

バチプロ特有のヌードグリップに、空洞のグリップエンド、超高感度に貢献してます。

中空構造バチプロ
超高感度の秘密

62TTにはグリップエンドキャップは付属ですね。地味に嬉しいエンドキャップ。


ガイド

FUJIチタンフレームSリングガイド仕様。ガイド数は7つ。

FUJIチタンフレームSリングガイド
FUJIチタンフレームSリングガイド

このレングスにしては、ガイド数は少ない方ですかね!?


同じバチプロで比較すると、巻きバチは6ftで8つ、S180も6ftで8つ。
軽量化のため?飛距離重視?なんですかねぇ 。。


TTの名の通り チューブラーティップ 仕様

バチプロ62TTフーブラーティップ
ライン付きですいません

ロッドティップの種類は、

チューブラーティップ

ソリッドティップ

の2種類。


一般的に

チューブラーティップ 

高感度

操作性がいい

軽い

あたりを弾きやすい


ソリッドティップ

食い込みがいい

バレにくい


と言われています。




62TTは、チューブラーティップ仕様で、軽量・高感度でまさに掛け仕様、あたりを弾きやすいデメリットはありますが、そこはアングラーのスキル次第でなんとかなるのでは 。。 と思っています。








頑張れ自分。





テーパー

縦釣りには ファーストテーパー が最適です!


テーパーとは、ロッドがどの部分が曲がり、どんな曲がり方をするかを表す指標となる用語です




縦釣りは積極的に掛けていく釣り方。リーリングスピードは超スロー、水の流れに乗せるだけでリールを巻かないこともあります。


となると、向こう合わせ(オートフッキング)は期待できません。魚の口にルアーが触れた瞬間にルアーを動かし、釣り手側主導でフッキングさせる必要があります。


効率的にフッキングさせるためには、釣り手の動き(リールを巻く・ロッドを煽る)が遅れることなくルアーにしっかりと伝達することが必要不可欠

それがファーストテーパー(ロッドの先端が曲がる)でハリのあるロッドであれば、釣り手側からの力の動きを無駄なく瞬時にルアーに伝えることができます。




逆に、レギュラーテーパー(ロッドの真ん中が曲がる)ロッドだと、一概には言えませんが柔らかいロッドが多いため、釣り手の力の伝達が遅くなり、フッキングが難しくなります。




62TTはというと・・・

バチプロ62TTテーパー
THE 縦釣りテーパー

しっかり ファーストテーパー 。THE 掛け仕様です。


チューブラーティップ ファーストテーパー
無敵の縦釣りロッド ここにありですね


使ってみて

1年半使ってみての初心者レビューです。


ひとことで言うと 最高 です




あわせのダイレクト感が凄まじく、6.2ft とは思えないくらい釣り手の動きがルアーに伝わる感覚 。


5ft以下のロッドじゃないかってくらいにスパッと力が伝達されます。




極端な話ですが、ロッドではなく 自分の手の延長 なのかと思ってしまいます。


ダイレクト感が強い分、若干ハジキやすい感じはありますが、あわせのアクションからフッキングにいたる ダイレクト感 は本当に素晴らしい


控えめに言っても 超オススメ です。




管釣りロッドの中ではかなり高額なほうですが、1番のお気に入りロッドです。



ポイントでお得にGET!?

ここでちょっと雑談タイム。


今回紹介の62TTですが、 結構なお値段しますよね。。




普通に買うのはなかなか厳しいです。私は無理でした。。




そんな時は、ネットポイントがお得です!




わたくしごとですが、朝起きたらまずはポイントGETから。


ネットでポイント貯められるサイトは意外とたくさんあります。ひとつひとつは小ポイントですが、チリも積もればマウンテン です。




管釣りマニアの前に 管釣りポイントマニア ですからね、平均毎日10pt、多い日は50pとかありますからね!それを毎日続ければ・・・
なかなかお得に購入できます。


釣り用品だけではなく、家の必要品もネットでまとめると、思った以上にポイント貯まりますよ。


特に重たいものなんかは、玄関まで届けてもらえるのでとっても便利。

それを毎日 コツ 頑張ると、ウッシッシですよ~




機会があれば、まとめて紹介しますね!


まとめ

尖った実力派 EMT ネオスタイル  62TT TYPE-S


決してお安くはないですが、高いだけのことはあります。




超高感度、軽量で積極的に掛けていける素晴らしいロッド。




個人的には、手持ちのロッドのなかで、1番出番が多いお気に入りのスタメンロッドです。




巻きバチ、S180も素晴らしいですが、62TTは高いだけのことはある、さらに高次元のロッドでした。


62TTをドラゴンボールに例えると、子供時代の トランクス ですね。


優等生ではないけれど、その実力は計り知れないってやつです




その計り知れない実力を使いこなせてないところが残念なわたくしですが、これから修行して、トランクスこと62TTとフュージョンできる日を夢見て、日々 精進していきたいと思います。




フュージョン 。 ハッ!!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。





にほんブログ村 皆様の応援が力の源、ポチッとよろしくお願いいたします

コメント

  1. グリーン より:

    垂直専門家。カッコいいネーミングですね。私は「小柄な垂直専門家」しか持ってませんが!

    • derasan derasan より:

      グリーン様

      日本語も捨てたもんじゃないですよね。  い・と・お・か・し  ですね。

      小柄な専門家ならば、きっと日本の方ですね!!華麗にロッククライミングを楽しみましょう。

  2. たてよこななめ より:

    初コメ失礼します。

    先日はお世話になりました。
    初めてなので真面目なコメントしかしません(笑)

    62TT僕もかなり愛用してますがリールに合わせてガイドの種類、径、取付け位置の全てを変えてあります。
    つまり完全別物なんですが、
    吊しのTTと何がどう違ってくるか次回ご一緒になれたら使ってみてください。
    かなりよいお勉強になると思いますよ☆

    • derasan derasan より:

      たてよこななめ 様

      コメントありがとうございます。先日はありがとうございました。

      あの日から、さらに縦釣り熱が上がっております。

      あの時お聞きした、2506用ではないセッティングってことですよね!?

      気になります。。

      お会いした時には、また勉強させてください。

      よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました